医者

男性に発症する病気|ペロニー病の症状かもと思ったら病院へ相談

ウーマン

陰部の疾患を治療する

尿のキレが悪い、排尿時に痛みがある、性器から膿が出るなどといった症状で悩んでいる人は、できるだけ早めに泌尿器科クリニックを受診してみた方がよいです。近所の人の目があるので自宅近くのクリニックには行きたくないという人は、新宿にある泌尿器科クリニックに行ってみることをお勧めします。

医師と患者

医師の下で安心のED治療

EDが障壁となって子供がつくれない場合は、泌尿器科に相談しましょう。埼玉には泌尿器科がたくさんありますから、EDの治療を受ける場合にもピッタリなエリアです。さらに埼玉ならED専門外来やED専門医をはじめ、休日も診察に応じている泌尿器科に通えます。

症状や治療方法を知る

ナース

しこりができる

病気にも様々な種類がありますが、男性特有の病気にペロニー病があげられます。これはペニスの病気で放置していると性行為に支障をきたすこともありますので、変わった症状がある場合は早めに医療器機関に相談するようにしましょう。そして陰茎がんと症状が似ていますので、どちらかをきちんと見極めておく必要もあります。ペロニー病の初期症状としては、しこりができることがあげられます。ペロニー病の場合は良性、がんの場合は悪性のしこりとなりますので、まずは診察や検査をしっかり行いましょう。そのほかの症状としては勃起時に痛みが起こるようになったり、陰茎がくの字型に変形する、陰茎が短くなるなどの形の変化も起こってきます。さらに症状が進むと手足の拘縮が起きることもあります。

治療方法を知ろう

ペロニー病診断された場合は早めに治療を行い、悪化を防いでいきましょう。まずペロニー病の治療としては軽症であればまずは薬物での治療が選ばれることが多くなっています。飲み薬の処方が行われたり、痛み、炎症がある場合はしこりにステロイドを注射することもあります。さらに陰茎の変形が大きい場合は手術で対応することもあります。手術自体は短時間で簡単に行えることが多いですが、陰茎が短縮してしまうこともあり、短縮を防ぐのであれば移植法手術が選ばれることもあります。そして手術後はしばらくは患部を濡らしたりしないよう、退院後のケアもきちんと行いましょう。変形が進んでくると薬だけでの対処は難しくなりますので、異変に気づいたら早めに医療機関に訪れ、適切な治療を行いましょう。

悩む女性

治療は早めに行おう

性感染症にも色々な種類がありますが、梅毒は進行すると重篤な症状を引き起こすこともありますので、早めの治療が大切です。まずは感染しているか検査を受け、必要があれば治療を行います。治療はペニシリンの服用で行われます。

Recommend Link

  • 医療法人社団 すみれ会

    泌尿器科は埼玉のクリニックが評判になっていますよ!友達や家族にも相談できないでいるなら、プロに頼ってみましょう。